2013年10月26日

保護猫小次郎

先月の9月29日(日)我が家で保護して1年2ヶ月の仮名「小次郎」君が市内のお宅へ婿入りしました。

20131026

保護した2012年7月の頃の写真です。
生後4ヶ月位でした。体の大きさは普通でしたが、目がちょっとおかしく見えました。
野良のお母さんから生まれた野良っ仔でしたので、栄養は足りていなかったのかもしれません。

20131026

それからまた少し経って目が少し良くなってきたようにも見えます。

20131026

2012年秋の頃、我が家の猫たちともまずまずうまくやっていました。
がこの頃から我が家のさんちょとゆっきーから攻撃されるようになり、特にゆっきーは執拗に何度も小次郎を襲っては首の根本の毛が束になってむしられたりするようになり、双方のストレスを軽減させるために、小次郎君は2階の一室に隔離をしました。
ご飯の時だけは1階で皆と同じようにケージに入って食べさせていましたが、そのご飯の直後でさえゆっきーは襲っていました。

かれこれ1年近く隔離をされ、私がご飯の時に1階に連れてくる朝と晩、そして私が寝るために2階に上がる夜のほんの短い時間しか誰とも会えず、本当に寂しい、可愛そうな思いをさせていました。
去勢も済ませ、予防接種も済ませ、性格もスリスリゴロゴロのベタベタの甘えん坊さんでしたが、もうこの仔には里親さんは見つからないのではと、素直で可愛い仔なだけに不憫でした。

が、今年9月の初めに近くの集合住宅の駐車場でむーやんを保護し、飼い主が見つからないために里親募集に切り替えて探そうとした矢先、主人の会社の方のお身内の方から小次郎君を婿にとのお話しをいただきました。

20131026

これがその方にお渡しした小次郎君の紹介文です。
なるべく可愛く写っている写真を厳選しましたが、でも小次郎君は可愛いんですよ。

かくして1年以上我が家にいて私にとっては可愛い家族でしたが、先住猫との関係や今までの隔離状態を思えばこんな嬉しいお話しはありません。

20131026

譲渡の前日に撮った写真です。

実はお届けの日には後日談があるのですが、それはまたの機会に。
子供を送り出すような感覚でしたが、やっとやっと幸せを掴んだ小次郎君に拍手をexclamation×2



posted by ねこMIX at 15:19| Comment(2) | TrackBack(0) | めでたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

保護猫むーやん

先月の1日に娘の友人の住む集合住宅の駐車場にアメショー柄の猫がいる、と連絡を受け、日付も変わった夜中に車で5分とかからないその場所へ行くと、確かにアメショー柄の猫がいました。
その夜は霧も深く保護はできないと判断しいったん自宅に戻りました。
翌朝もう一度行くとまごうことなきアメリカン・ショート・ヘアーの猫がいて、あっさりと抱き上げて保護する事ができました。

20131024


なぜにそんな場所にいたのかは不明でしたが我が家に連れ帰って様子をみると、どこかで飼われていてそれもかなり大事にされていたと思われたため、飼い主を探す事になりました。
が保健所や警察署に届けは出ていないし、地元のラジオで呼びかけて貰っても反応はなし。
さて里親募集に切り替えようと思ったところ、この子を保護した場所のすぐ隣に住む私の友人が里親希望の手を上げてくれました。
先住猫さんがいるお宅でしたが猫飼いのベテランの方でしたので、アメショーさんはトライアルに行き、何とか先住猫さんともやっていけそうだとなったため、めでたく譲渡と相成りました。

20131024

我が家では霧の深い夜に見つけた仔だったので、霧夜(むや)からむーやんと呼んでいましたが、女の子という事もあり、里親さん宅で「もも」ちゃんと名づけられました。

20131024

このももちゃん、我が家では縦空間移動をしない、またたびに反応しない、じゃらしで遊ばない、人間の食べ物に興味を示さない、と私が今まで猫に関して培ってきた経験が通用しない相手でしたが、里親さん宅に慣れてくると天井近くまで上がり、障子は破り、じゃらしに大いに反応し、先住猫のお兄にゃんを追いかけまわすという、とんでもない猫を被ったやんちゃ姫でした。

元のお宅で可愛がられていたと思われただけに何とか飼い主を探してあげたかったのですが、それはできませんでした。
が、新しいお宅でとおーっても伸び伸びと自由に過ごさせてもらい、里親さんご一家にもとても可愛がってもらっています。

そしてこのももちゃんの里親希望があった日に実はもうひとつ、我が家の保護猫さんに里親希望の連絡がありました。
(つづく)

(よろしかったらポチっとな)
posted by ねこMIX at 01:27| Comment(2) | TrackBack(0) | めでたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

戻ってきました。

7月4日に更新してから、3ヶ月以上経ってしまいました。
まあしばらくお休みをいただいていた、という感じでしょうか。
今年に入りいろいろとあったわけです。
そしてまだいろいろ続いていますが、とりあえず順を追ってみます。

まず1月。
ツイッターで相互フォローをしていた方が亡くなられました。
東日本大震災後、福島県内の旧警戒区域等に残された動物たちのために必死に活動されていた方だったのでショックでした。

ついで3月。
神奈川に一人で暮らしていた年の離れた姉が亡くなりました。
亡くなる前後はバタバタとしていたのですが、さすがにこれはこたえました。

翌4月。
以前勤めていた職場のトップの方のお母様が亡くなられました。
職場のトップの方とは学生時代からの付き合いで、お母様が入院されていた病院には私の母も入院していた時期が一時重なっていて、私もお母様にはお会いしていました。

少し経った7月。
家族でお世話になった、大好きだった方が亡くなりました。
ご病気だとは聞いていたのに、なぜか私は会いに行っていませんでした。
行かなきゃいけないと思っていたのに、どうしても行く事ができず、会えずじまいになってしまいました。

翌8月。
我が家で唯一の犬族の小夏が虹の橋を渡りました。
14歳と1ヶ月でした。
最期は私の腕の中で呼吸が止まりました。
小夏が逝った日から小夏という名前を呼べないのが、いつまでたっても寂しいです。

ここまでがよくない出来事ですが、この後良い出来事もありました。
それはまた次回に。
posted by ねこMIX at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。