2014年06月13日

ねこMIXお泊り旅(お江戸編その2)後編

前編から少し日が経ってるので、忘れた方は「ねこMIXお泊り旅(お江戸編その2)前篇をもう一度読み直してね〜るんるん

では後編スタート!

日付がかわってから就寝したため太陽が昇り切った朝、シャワーを浴びて朝食を摂りに降りていきがてら、あらためてメトロポリタンホテルを見回してみると、やっぱり豪華!
田舎にゃこんなホテルはないわ〜とお上りさん目線を炸裂させながら、おサル娘のみーとまったりと過ごしました。
というのもホテルをとってくれた親友がチェックアウトの時間をお昼の12時にしておいてくれたため、ゆっくりできたのでした。
(ありがとよ、スナ!)
さて部屋に戻り今日のスケジュールをあらためて練り直し、まずは昨日行きそびれた(後回しにした?)渋谷区立松濤美術館へGO!

渋谷に着くと既に陽は高く、4月だというのに初夏を思わせる暑さを感じながらスマホのマップを頼りに美術館を目指します。
が、どうにも裏道に入ると方向感覚が鈍り(元からない、とも言われてますが)、神泉駅近くの入口が開いていた不動産やさんの男性に道を尋ねました。
そしたらばその男性、『今も同じ場所の道を聞かれたんですよ。今日は何かあるんですか?』と反対に聞き返されました。
でもね、普通の企画展なら普通に応えるんですけどね。さすがに企画展の内容は隠して説明しました。
いや隠すほどのこともない普通の立派な企画展なんですが、自分は猫バカ中の猫バカだと自負してるので、その自負がこんななんでもないところで恥じらいという形で出てしまったわけです。

話はちょっと逸れますがこの神泉という井の頭線の渋谷から一つ目の駅ですが、実はむか〜し昔まだ私が10代の頃、渋谷の道玄坂の上にあるアルバイト先まで通うのに時々利用していました。
若者の街と言われた渋谷ですが一歩裏道に入ると意外と静かで、それは今も変わっていませんでした。
『神泉駅からバイト先まで歩いていると、途中で三味線の音が聞こえて来てね。なんだかそこの一角だけ粋で風流だったのよ!』と娘のみーに言ったまさにそのとき、三味線やさんに出くわしました!
店構えは少し変わったと思うけど、今も変わらずそこにあるということが、とっても嬉しくなりました。

さて本編に戻り、不動産やさんの男性に教えて貰って歩くこと5,6分。
ようやく着きましたよ、松濤美術館。

20140606_1_9
渋谷の駅から徒歩15分のところ30分くらいかかっちゃったけど、タイトル通りねこ、猫、ネコ、な展示でした。
この美術館、建物もけっこう名のある建築デザイナーの方のデザインらしく、それほど大きくはないけど素敵な空間で、建物含みで良い作品が観れました。
そして戦利品はこれ。

20140606_1_9

20140606_1_9
よだれジュルジュルなくらい綺麗でステキでカワイイ猫さんたちがいっぱいで観ていて飽きなかったので、自宅でもよだれ〜になるために購入しました。

さあここからはけっこう時間がおしていたのでダッシュで移動です。
向かった先は山手線上の日暮里駅にある谷中です。
駅からけっこう歩きましたがこの谷中、霊園もあってこんな書き方をしていいのかしら?なんですが、寺院が豊富。
なので一件の寺院の入り口からパチリ。

20140606_1_9
高層ビルと大仏さま。都会の風景ですね。

そしてこれまたようやく着いたギャラリー猫町さん。

20140606_2_8
狭くて急な石段の壁に描かれていました。

20140606_2_8
入り口の案内版です。

ここでは3人の作家さんの個展が開かれていました。
普通の木造の一軒家の板張りの1階と2階の板張りと畳のスペースに作品が展示されていて、作品とこの木造の建物がとてもマッチしていました。
造形が主でしたが本当に素敵で素晴らしく、即売をすることを事前に知っていたらお持ち帰りしたかったのですが、何せ持ち合わせが足りませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)でもホントここでも良いものが見れました。

さてこの谷中と言えば通りを歩くと猫に出会える街と言われていますが、歩いていると願った通り街猫さんに会う事ができました猫
この後少し時間があったので前から行ってみたいなあと思っていた場所へ。

20140606_2_8
いやあなんとも雑多という感じですが、ここが猫好きさんには聖地のひとつ「ねんねこや」。
以前は猫雑貨を扱うお店でしたが、今は喫茶のみになってます。
こちらも普通の木造の一軒家です。
ここでちょっと休憩です。

20140606_2_8
なんか可愛いやら懐かしいやらで、娘と盛り上がってしまいました。

20140606_2_8
ぜんざいのアップです。
白玉が肉球なんです。スプーンも猫柄です揺れるハート

そして帰りがけにねんねこやさんで手描きのマップをいただきました!

20140606_2_8
こんなスバラシイものをいただいたんじゃ、また探索しに来なきゃならないじゃん!

ということでここまででほど良い時間となったため、谷中の街歩きはここまで〜。
日暮里の駅で娘と別れ、私は王子の駅前から高速バスにて帰路に着きました。
暑かったし分厚い美術書や芝居のチラシの束等の荷物は重いしでしたが、親友やバスで乗り合わせた友人、娘、送り出してくれた家族に感謝の旅でもありました。
そしてこんなながーい記事を読んでいただいた皆さまにも感謝して、「ねこMIXお泊り旅(お江戸編その2)後編はこれにてお・し・ま・い〜わーい(嬉しい顔)

posted by ねこMIX at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。