2011年06月15日

天から授かったギフト

しばらく途絶えていました。

ぎんは、実は5月18日に天に還りました。
前回の更新の日の午後、起き上がれなくなったぎんを抱いてポーチに出、お日さまの下で日向ぼっこをしました。
少し風がありましたが、ぎんはとても気持ち良さそうに、本当に気持ち良さそうに目を細めて私に抱かれていました。
夜、点滴はもらってきていましたが、もう痛い思いをさせるのはやめようと点滴はしませんでした。
日付が変わり、私の布団の横にぎんを寝かせ、私も床につきましたが眠りは浅く、ぎんの体に触れながらうとうととしていました。
午前3時10分頃小さくえずく声がしたのでぎんに声をかけ、体をさすってからまた私は横になりました。
が、すぐ起き上がり、明りを点けてぎんを呼びました。
掛けていたタオルを取りぎんを呼びましたが、もう呼吸は止まっていました。

ぎんは腎不全で最期は尿毒症になり、何も食べず、何も飲まず、衰弱していきました。
普通3才ぐらいで腎不全になるなんてありえないと2人の獣医師から言われましたが、どちらの先生も最後は「遺伝でしょう」と言いました。

20110615
4月10日撮影のぎん

ぎんは4年前の10月20日、当時住んでいた団地の我が家の玄関先に、目張りをした状態の段ボールに入れられて置き捨てられていた猫です。
最初こそ腹が立ちましたが、そのうちこの仔は天が寄こしてくれたギフトなんだと思うようになりました。
体は小さい方でしたが、性格はジャイヤンに近かったです。
いつも1匹でいることを好んで、猫らしい猫でした。


わが家に来た時からぎんの最期は決まっていたのでしょうか。
私に猫についていろいろな事を教えてくれ、まだ何もお返しもしていないのに、親孝行な仔は私の手を煩わせる事なくさっさと逝ってしまいました。

ぎんからもっらた知識と経験というギフトを、これから他の仔達に還していかなければ。
できればぎん自身に還してあげたかったけど。


20110615



私はぎんのリンクスチップが大好きでした。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

posted by ねこMIX at 16:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

とらじからとらじ君へ

お届けの前日にシャンプーされ、翌日は朝から我が家で一番高い所に避難していたとらじ君。

20100903-1

何見てんのさ〜の図


先月28日に新潟のTさま(おちゃるさま)のもとへとらじをお届けに行きましたが、実はまだこの時点では「大人猫は慣れるのに時間がかかるので、トライアルから始めてみましょう」と言う事でした。
トライアルだったのに私が婿入りなどと先走って書いてしまったために、Tさまにはプレッシャーをかけてしまったかも知れません。
すみません、Tさま(おちゃるさま)。

そしてトライアル初日からやっぱり慣れなくて夜鳴きや夜間徘徊?などが数日続いたようです。
私やtoutyanもとらじ君が気がかりでしたが、大変なのはとらじ君を迎え入れて下さったおちゃるさまとご家族の皆様だったと思います。
睡眠不足になったりいろいろと気遣いをして下さったり。
が、ここに来てようやくとらじ君も少し落ち着いてきたようで、おちゃるさまにおもちゃで遊んで貰ったり、自己主張も憶えておちゃるさまのパソコンを占領したりするようになってきたとメールをいただきました。
ここまで来れば一安心という事で、正式譲渡と相成りました。

20100903-1

緊張して固まっているとらじ君。
今だったらもうちょっとリラックスした表情が撮れるんでしょうけどね。わーい(嬉しい顔)

とらじはおちゃるさまから「とらじはとらじのままで」と言っていただき、かくして我が家のとらじはおちゃるさま家のとらじ君になりましたexclamation

おちゃるさま、どうかどうかとらじ君の事よろしくお願いいたします。
そしてとらじ君を迎え入れて下さったおちゃるさまとご家族の皆様へ、あらためて感謝申し上げます。
ありがとうございましたexclamation×2
posted by ねこMIX at 00:34| Comment(1) | TrackBack(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

今の先にあるもの

だい君ふうた君の里親さんを捜すために立ち上げたブログ「夢ねこファクトリー」では既にご報告はさせていただいてましたが、こちらではまだしておりませんでした。

6月6日の午後ふうた君は星になりました。
伝染性腹膜炎でした。

元気な頃の写真を里親さまからいただいていました。

20100627-1

だい君が鼻に皺を寄せてイジメているようにも見えますが、じゃれ合っているところです。
この翌日に急変して逝ってしまいました。


実は私、6日の午前中にふうた君に会いに行ってました。
それは自分が関わった命に最後まで責任を持ちたかったから。

こういうボランティアをしていればいつかは直面するであろうと思っていました。
でもそれはいつかであって今ではないであろうと甘い考えでいました。
私にとってその時はいきなりやって来たようにも思えましたが、そうではなかったようです。
今の現実をしっかりと受け止めて、初めて次に進めるのかな、と。


先週、16日の夜に子猫を1匹保護しました。

ふうた君のために祈りながら、次に進みます。
posted by ねこMIX at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。