2014年04月06日

3月に読んだ本

久しぶりの更新ですが、ブログをひとつにしたので私事な記事も書きます。

2014年3月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:774ページ
ナイス数:0ナイス

龍のすむ家 第二章 氷の伝説 (竹書房文庫)龍のすむ家 第二章 氷の伝説 (竹書房文庫)
読了日:3月20日 著者:クリス・ダレーシー
文庫版 龍のすむ家 (竹書房文庫)文庫版 龍のすむ家 (竹書房文庫)
読了日:3月18日 著者:クリス・ダレーシー

読書メーター

br_decobanner_20101106133433.gif
【関連する記事】
posted by ねこMIX at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

保護猫小次郎

先月の9月29日(日)我が家で保護して1年2ヶ月の仮名「小次郎」君が市内のお宅へ婿入りしました。

20131026

保護した2012年7月の頃の写真です。
生後4ヶ月位でした。体の大きさは普通でしたが、目がちょっとおかしく見えました。
野良のお母さんから生まれた野良っ仔でしたので、栄養は足りていなかったのかもしれません。

20131026

それからまた少し経って目が少し良くなってきたようにも見えます。

20131026

2012年秋の頃、我が家の猫たちともまずまずうまくやっていました。
がこの頃から我が家のさんちょとゆっきーから攻撃されるようになり、特にゆっきーは執拗に何度も小次郎を襲っては首の根本の毛が束になってむしられたりするようになり、双方のストレスを軽減させるために、小次郎君は2階の一室に隔離をしました。
ご飯の時だけは1階で皆と同じようにケージに入って食べさせていましたが、そのご飯の直後でさえゆっきーは襲っていました。

かれこれ1年近く隔離をされ、私がご飯の時に1階に連れてくる朝と晩、そして私が寝るために2階に上がる夜のほんの短い時間しか誰とも会えず、本当に寂しい、可愛そうな思いをさせていました。
去勢も済ませ、予防接種も済ませ、性格もスリスリゴロゴロのベタベタの甘えん坊さんでしたが、もうこの仔には里親さんは見つからないのではと、素直で可愛い仔なだけに不憫でした。

が、今年9月の初めに近くの集合住宅の駐車場でむーやんを保護し、飼い主が見つからないために里親募集に切り替えて探そうとした矢先、主人の会社の方のお身内の方から小次郎君を婿にとのお話しをいただきました。

20131026

これがその方にお渡しした小次郎君の紹介文です。
なるべく可愛く写っている写真を厳選しましたが、でも小次郎君は可愛いんですよ。

かくして1年以上我が家にいて私にとっては可愛い家族でしたが、先住猫との関係や今までの隔離状態を思えばこんな嬉しいお話しはありません。

20131026

譲渡の前日に撮った写真です。

実はお届けの日には後日談があるのですが、それはまたの機会に。
子供を送り出すような感覚でしたが、やっとやっと幸せを掴んだ小次郎君に拍手をexclamation×2



posted by ねこMIX at 15:19| Comment(2) | TrackBack(0) | めでたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

保護猫むーやん

先月の1日に娘の友人の住む集合住宅の駐車場にアメショー柄の猫がいる、と連絡を受け、日付も変わった夜中に車で5分とかからないその場所へ行くと、確かにアメショー柄の猫がいました。
その夜は霧も深く保護はできないと判断しいったん自宅に戻りました。
翌朝もう一度行くとまごうことなきアメリカン・ショート・ヘアーの猫がいて、あっさりと抱き上げて保護する事ができました。

20131024


なぜにそんな場所にいたのかは不明でしたが我が家に連れ帰って様子をみると、どこかで飼われていてそれもかなり大事にされていたと思われたため、飼い主を探す事になりました。
が保健所や警察署に届けは出ていないし、地元のラジオで呼びかけて貰っても反応はなし。
さて里親募集に切り替えようと思ったところ、この子を保護した場所のすぐ隣に住む私の友人が里親希望の手を上げてくれました。
先住猫さんがいるお宅でしたが猫飼いのベテランの方でしたので、アメショーさんはトライアルに行き、何とか先住猫さんともやっていけそうだとなったため、めでたく譲渡と相成りました。

20131024

我が家では霧の深い夜に見つけた仔だったので、霧夜(むや)からむーやんと呼んでいましたが、女の子という事もあり、里親さん宅で「もも」ちゃんと名づけられました。

20131024

このももちゃん、我が家では縦空間移動をしない、またたびに反応しない、じゃらしで遊ばない、人間の食べ物に興味を示さない、と私が今まで猫に関して培ってきた経験が通用しない相手でしたが、里親さん宅に慣れてくると天井近くまで上がり、障子は破り、じゃらしに大いに反応し、先住猫のお兄にゃんを追いかけまわすという、とんでもない猫を被ったやんちゃ姫でした。

元のお宅で可愛がられていたと思われただけに何とか飼い主を探してあげたかったのですが、それはできませんでした。
が、新しいお宅でとおーっても伸び伸びと自由に過ごさせてもらい、里親さんご一家にもとても可愛がってもらっています。

そしてこのももちゃんの里親希望があった日に実はもうひとつ、我が家の保護猫さんに里親希望の連絡がありました。
(つづく)

(よろしかったらポチっとな)
posted by ねこMIX at 01:27| Comment(2) | TrackBack(0) | めでたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

戻ってきました。

7月4日に更新してから、3ヶ月以上経ってしまいました。
まあしばらくお休みをいただいていた、という感じでしょうか。
今年に入りいろいろとあったわけです。
そしてまだいろいろ続いていますが、とりあえず順を追ってみます。

まず1月。
ツイッターで相互フォローをしていた方が亡くなられました。
東日本大震災後、福島県内の旧警戒区域等に残された動物たちのために必死に活動されていた方だったのでショックでした。

ついで3月。
神奈川に一人で暮らしていた年の離れた姉が亡くなりました。
亡くなる前後はバタバタとしていたのですが、さすがにこれはこたえました。

翌4月。
以前勤めていた職場のトップの方のお母様が亡くなられました。
職場のトップの方とは学生時代からの付き合いで、お母様が入院されていた病院には私の母も入院していた時期が一時重なっていて、私もお母様にはお会いしていました。

少し経った7月。
家族でお世話になった、大好きだった方が亡くなりました。
ご病気だとは聞いていたのに、なぜか私は会いに行っていませんでした。
行かなきゃいけないと思っていたのに、どうしても行く事ができず、会えずじまいになってしまいました。

翌8月。
我が家で唯一の犬族の小夏が虹の橋を渡りました。
14歳と1ヶ月でした。
最期は私の腕の中で呼吸が止まりました。
小夏が逝った日から小夏という名前を呼べないのが、いつまでたっても寂しいです。

ここまでがよくない出来事ですが、この後良い出来事もありました。
それはまた次回に。
posted by ねこMIX at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

寒いの?

最近お天気が良くなくて、お猫さま方はおとなしい日が続いております。
今日(正確には昨日)はこんな感じでした。

20130704-1


20130704-1


20130704-1


空いてる段ボールがあるのにみっちり詰まってます。
猫って群れる動物ではないけど、気の合う者同士はこうして一緒にいたりします。

段ボールのニャンションは毎年新築しているのですが、制作に以外と労する割には見た目がみすぼらしいのであまりマジマジとは見ないで下さいませ。
そんなに寒くはないと思うけど、猫には毛があっても寒いのでしょうね。
でもこのニャンション、梅雨が明けたら誰も使わなくなるのですが、もうしばらくはこんな状態が続くのかしらん。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
posted by ねこMIX at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のにゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

守り猫

懐かしい写真が出てきました。
こブタ娘が小学校低学年くらいなので、7、8年前になります。
当時は市の公営住宅に住んでいて、トイレがまだ汲み取り式というふる〜い2階建ての長屋式の団地でした。

20130628_1

生活感ありありでバックがとてもお見苦しいのですが、自分では会心の出来と思っています。
当時飼っていたのは伝次郎(でん)と日和(ひよ)の2匹だけでしたが公営住宅でのペットは禁止でしたので、完璧違反ですたらーっ(汗)

20130628_1

当時でんは4才くらいでした。

P5300050''_s.jpg

このころでんはよくこブタ娘のランドセルの中に入って娘を手こずらせていました。
毎日こブタ娘がランドセルを背負ってどこへ行くのか、自分もランドセルの中に入ってついて行きたかったのかな?なんて。

P7200003_s.jpg

これこの通り。(ヤラセではありませんわーい(嬉しい顔)

P4180012''_s.jpg

今見返してみても思うことはこブタ娘はねこMIXやtoutyanではなく、伝次郎に育てられました。
間違いなく!!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
posted by ねこMIX at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

肩乗り猫

少し前の写真になるのですが、ねこMIX家の肩乗り猫です。
ねこMIX家には肩乗りをするお猫様は何匹かいますが、たぶん一番肩乗りが上手な仔です。

20130627

4kg近くある体ですが、家に来た生後4ヶ月ぐらいから肩に乗っていました。
たぶんゆっきーが生まれた家でも小さい子猫の頃からこうして乗っていたんだと思います。
だって4年半前にゆっきーをうちに連れて来て置いていった当時小学6年生の男の子の肩にもこうして乗っていましたから。

20130627

綺麗に襟巻のように巻きつくように肩に乗っています。
冬は暖かくフワフワしてたいへん助かりますが、薄着になる今の季節でこれをやられると、首が流血します。たらーっ(汗)
もちろん、流血しようが爪がくいこもうがガマンするのです。

それがねこMiX家の男気な流儀なのであります!!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
posted by ねこMIX at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

いまだに猫団子

何日か前に東北も梅雨入りをしまして、ちょっと暑かったりちょっと寒かったり、なんともびみょーなお天気です。
我が家の猫族の皆さまは雨模様の日はこんな感じでおります。

20130622



このなんともみすぼらしい段ボールがここ最近の猫さま方のお休み処です。
普通であればカーペットやマルチラグなどが敷かれ、広々伸び伸びと過ごせるところですが、ねこMIX家はなんでも食べてしまう神楽がいるためにカーペットやラグは敷けません。
なので最終手段の段ボールの出番となったわけです。

で、この段ボール。
その辺のスーパーなどで置いてある物じゃあありません。
超特大の段ボールです。
何の事はない、犬の小夏や猫さま方のご飯をネットで注文した時の、フードが入れられていたものです。
と言っても1回に30kg前後のフードを頼むので、けっこうあります。

その結構入っていたフードの段ボールなんですが、それでもどんだけギュウギュウ入っても、猫さま方9匹が限界です。
なので、どうしても何匹かはあぶれます。
ま、あぶれても小さめの段ボールがいくつもあるので、どこかしらの段ボールに入っています。
でもねこMIX家の猫さま方全員が入れる段ボールは滅多に見つかりません。
どこかに猫さま方全員が入れる丈夫でステキな段ボールはありませんかね〜。

20130622

「ここはあったかいから、ホントはおかあちゃんも入りたいんだよね?でもだめだよ、おかあちゃんが入ったら僕ら全員あぶれちゃうから〜。」by数珠(じゅじゅ)


にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
posted by ねこMIX at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のにゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

時期的に『今でしょ!』

何の事もない、簡単更新ですが。

20130526_1

大小いろいろいますが、平均3kgとして9にゃんなので〜米袋(30kg)にちと欠けるくらい。
冬だったらこれで十分暖がとれるけど、今の季節にゃ砂風呂のようでっす。
でも猫さま方には今らしい。

やってみたい方はどうぞ我が家へ。
猫さま1ダースがお迎えいたしま〜す!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
posted by ねこMIX at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のにゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

ねこMIX家お猫様事情・お食事処編

久しくひさ〜しく放置しておりましたこのブログも、またまたこそ〜っと再開です。
タイトルにもあります通り、「ねこMIX家お猫様事情」シリーズの更新です。
今回はお食事処、つまりご飯ですね。

ねこMIX家は猫族は現在12にゃんほどいらっしゃいますがお世話係はわたくししかおりませんので、ご飯の時はそれはそれは大変です。
そしてねこMIXがいない時もたまーにあるので、お猫様には以下のお食事処を用意しました。

20130502_7

これはお食事処の使用前。

20130502_7

こちらはお食事処使用中。
でもこれだけでは8にゃんしか入れません。
なので隣の部屋にもケージが1つあり、他に、

20130502_7

廊下に1にゃん、

20130502_7

居間に1にゃん、

20130502_7

床の間に1にゃん、しめて12にゃん様のお食事処がこれで初めて整います。

写真をクリックしていただければおわかりと思いますが、2段ケージは上下を区切って使用しています。

20130502_7

100均でスチール製の網を購入し、2枚合わせて結束バンドで留め、それを空いたスペースにまた結束バンドで留めています。
これで上下が区切られ、ひとつのケージに2にゃんが入れます。

20130502_7

お食事が済めばまたこのようにコンパクトに収納できます。

上の写真の向かって右側のケージの上に、お皿がたくさん乗っているのが見えると思います。
ご飯は1にゃん1にゃんわたくしねこMIXが心を込めてお給仕させていただいてます。
そしてお猫様方がお食事中にねこMIXはお猫様の飲み水を取り替え、お猫様方の手水(トイレ)のお掃除をします。
ご飯は体格や疾患などによって何種類かあり、それを間違いのないようにお皿に入れ、服薬しているにゃんさまには薬をピルカッターで砕いて入れますので、手水の清掃までを含めるとけっこうな、けっこうな時間になります。

これを一日2回行い、そして犬族の小夏さんもいます。
なのでこれだけいると当然人間の方なんて手抜き になりますわな。
でもってねこMIX家は犬猫屋敷。
お犬様、お猫様が主で人間は従というのがこれでおわかりいただけましたでしょうかね?

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
posted by ねこMIX at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お世話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。